2010年08月11日

按針祭の花火。

徳川家康の外交顧問・三浦按針(ウイリアム・アダムス)が、伊東の松川河口で日本最初の洋式帆船を建築した事を記念した祭り「按針祭」が、10日に行われました。

伊豆半島で一番の花火大会が目玉で、人口7.5万人の町に、この日は20万人の人が見物に訪れ、年に1度の賑わいを見せます。

今日は御近所の移住組3家族の皆さんと、車は大渋滞で駐車場も満杯なので、伊東のひと駅前の「南伊東」で食事をして、電車で伊東まで行く賢明プランを実行。



?e.JPG

食事は、伊東で一番人気のブラッスリー「旬欧亭」で。
ひげのマスターの作る料理は何を食べても美味で
値段もリーズナブル、伊豆高原にもファンも多く、伊東で一番人気のお店です。
特にパスタが人気メニューで、ランチタイムは大盛況。

今日は皆さん、お好みのパスタをチョイスした、パスタディナーセット。
肉大好きの私は、ビーフの煮込みコースで大満足のディナーでした。





2010--1.jpg

この日の為に通常2000円の予約席を、地元割引で1500円で交渉成立。
寝ながら、目の前に広がる花火を見る贅沢さは、都会では味わえない至福の一時です。





2010--5.jpg



2010-7-30-[5.jpg



2010--4.jpg



2010-7-30-[3.jpg



2010--2.jpg



2010--3.jpg


例年15,000発打ち上げられる花火が、今年は13,000発になり、ナイアガラの滝の花火も中止、不況の影響がこんな所にも出ています。
それでも、不況も暑さも吹き飛んで忘れさせてくれる、楽しいひと時でした。



「旬欧亭」のご紹介

伊東市桜ヶ丘1-3-20(南伊東駅前)
TEL:0557-37-1341
定休日:水曜日
ランチタイム:11.30〜15.00(ラストオーダー14.30)
ディナータイム:18.00〜21.00(ラストオーダー20.30)
posted by 館長 at 22:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
花火綺麗ですね〜、皆さん目の前で感動されたでしょうね、私達も初めて行った時は、自分の上に落ちて来ないかと心配しました最近は帰りの事を考えて行ってません、按針祭の見事な花火は素晴らしいです22日には撮影に行きたくなりました。  さが、
Posted by さが at 2010年08月17日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40108059
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック