2010年04月26日

半世紀ぶりのクラス会。

今から半世紀以上、50数年前に卒業した高校のクラス会出席の為、伊豆高原から上京。

当時の都立高校は学区制で、指定の高校しか受験出来ず、学区内には東大入学率が全国トップクラスの日比谷高校があり、そのずっと下のレベルの高校を受けたにもかかわらず不合格、それでも都立の場合はそのまた下のレベルの高校が拾ってくれるシステムになっていました。

拾って貰った高校が「都立雪ヶ谷高校」。
当時は女学校から共学になって間もない時期だったので、圧倒的に女子が多く、男子は肩身が狭い思いをしていました。

それでも高校時代は陸上部で(競技人口が少ない方が競技会の入賞の確立が多い事から、不順な動機で棒高飛びをチョイス)毎日暗くなるまで練習で汗を流した後は遊んでばかりで勉強は全くせず、常に落第点ばかり。

その時、同じグランドで練習をしていたのが野球部。
対外試合で勝った事が無いような弱小野球部が、半世紀の時を過ぎて、東京代表で甲子園に出場したなんて、テレビのスポコンドラマを見ているようでした。

そんな懐かしい思い出いっぱいの同級生に会えるのを楽しみに、やって来ました。





2010,4,24-NX-2.jpg

会場は恵比寿のガーデンプレイス。
当時、青春時代真っ只中の同級生達と、50数年ぶりに再会。




2010,4,24-NX-3.jpg

お世話になった担任と陸上部の顧問でも有った坪内先生は、高齢にもかかわらずお元気で、50年前の懐かしい話に花が咲きました。


2010,4,24-NX.jpg

写真左の男が、山岳部で何時も山やスキーに連れて行ってくれて仲が良かったのに、何故か卒業以来会えるチャンスが無く、時々夢にまで出てきて今回会えるのを一番楽しみにしていた高山です。

波乱の人生の中、実業家として成功し、ニューヨーク、アルゼンチン、東京に自宅があり、アメリカと、アルゼンチンの永住権も取って、いまだに現役で世界中を走り回っている、50年前と変わらないパワフルなな人生を歩いて来たようで、自分の事の様にほっとしました。

皆さんとは後5年は頑張ろうと、再会の約束をしたのですが・・・・。
何時まで頑張れるのか、次の再会を楽しみに頑張りましょう。
posted by 館長 at 00:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お帰りなさい!
皆さん、お若いですね〜!^^。
中でも、ロッキーパパさん、断然お若い!^^。
同窓会、ホントに楽しいですね〜。
集まると、当時の時間が戻ってきたようですものね^^。
ワタシも数年前、同窓会で九州へ帰ったとき、
当時の呼び名、あだ名などで語り合い、
楽しい時間を過ごしました。
5年後、また楽しみですね。

Posted by アヤ at 2010年04月27日 06:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37367762
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック