2010年04月14日

消えてしまいました。

今日はショックで、食欲も有りません。

1年前の購入時から調子が悪かったソニーのパソコンが、とうとう作動しなくなりました。

ソニーに問い合わせると、修復作業で全てのデータは消えてしまうと冷たい返事。
バックアップで取っていた外付けハードディスクまで、同時に壊れてしまい、昨日まで撮っていた数千枚の写真のデータや、作成した文書類が、すべて泡と消える深刻な状況に愕然。

インターネットで「ハードディスク修復」で検索。
実績が有りそうな会社を選び連絡、修復可能との事で送った所、費用が数十万掛かるとの事。
家内は、いとも簡単にそんなに費用が掛かるなら、これを機会に写真をやめればと、冷酷な宣告。

即日修理の場合の金額なので、10日くらい余裕があれば半額になるとの事で背に腹は変えられず、家内に内緒の事後報告と言う事で、修復作業を依頼。

夜8時過ぎに作業を依頼した会社から、初めは簡単に修復できると言われ、ほっとした所に電話があり、かなり複雑にデータが破損しているので、数億個の破損したデータを組み合わせる為に作業が難航、費用も追加が掛かるといった連絡。

どうも、足元を見られているようで、それならキャンセルしますと言うと、何とかやってみますが、成功率50%との返事。
しばらく、憂鬱な日々が続きそうです。

これをご覧の、カメラ好きの皆様。
この様な深刻な状況になる前に、大事な写真のデータのバックアップは二重、三重に、確実に取って置きましょう。 
posted by 館長 at 07:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記