2010年01月31日

一碧湖の幸せネコ達。

一碧湖の沼地の一画に、小さな掘立小屋があります。

毎日朝8時ごろ、エサを持っておばさんがやってきます。
その小屋はネコの住まいになっていて、10匹以上いるネコの為に中にベッドが有るそうです。




L[P.jpg


おばさんが来ると、ネコや鳥たちが一斉に駆け寄ってきます。




L[2.jpg


中には野良ネコとは思えない、こんな気品のあるネコもいます。
おばさんが面倒見てくれると思って、飼っていたネコを捨てていく人がいるそうです。





L[3.jpg


ここのネコちゃん達は幸せです。
食事と住む所は心配なく、おばさんが自費でネコちゃん達の避妊手術まで、してあげているのです。
だからこんなにのんびり、カモの羽根で遊んでいられるのです。





L[5.jpg


カラスも分け前を寄越せとやって来て、ネコとにらみ合いになります。




L[6.jpg


鳥たちにもエサをやって、今日の朝食完了。

おばさんは、許可を貰って小屋を建て、毎日の小屋の中の掃除、エサ代も全て自腹のボランティアでやられている方です。
小屋が目障りで不潔だとか、色々言って居られる方がいますが、世知辛い世の中で、命の大切さを教えてくれて考えさせられる、こんな場所が一碧湖にあります。
posted by 館長 at 08:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記